2016.05.18

プレミアで本拠地通算100得点も…マンUルーニー「おそらく来季はMF」

ルーニー
オールド・トラッフォードでのリーグ戦通算100ゴール目を決めたルーニー [写真]=Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uのキャプテンを務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、17日に行われたプレミアリーグ最終節のボーンマス戦後、今後は主にMFとしてプレーする可能性を示唆した。クラブ公式サイトが伝えた。

 マンチェスター・Uは、ルーニーにとってオールド・トラッフォードでのリーグ戦通算100ゴールとなる得点で先制。その後、74分にルーニーの起点からFWマーカス・ラッシュフォードが追加点を挙げると、87分にはルーニーのアシストからMFアシュリー・ヤングが試合を決めるゴールを奪った。マンチェスター・Uは3-1でボーンマスに勝利し、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得している。

 試合後、中盤での役割について聞かれたルーニーは、「キャリアを送る中で、決断しないといけないときがある。今は、自分にとって、より深い位置でプレーするほうが良いと思っている」と話した。

「イングランド代表では異なるし、今も代表ではストライカーだけれど、(ユーロ2016後)、来シーズンはそのポジション(MF)でプレーするようになると思う」

ルーニー

ホーム最終戦を終えてファンに挨拶するルーニー。今季プレミア28試合8ゴールを記録した [写真]=Man Utd via Getty Images

 

 プレミアリーグでの順位が確定した最終節後、ルーニーは試合開催が中止となった騒動後にもかかわらず、チームメートが上手く対応したことに感心したと語った。

「日曜日(15日)に起こったことを考えれば、難しい試合だった。それに、4位で終えるのは無理だとわかっていたからね。土曜日(21日)に大きな試合(FAカップ決勝)を控えているから、絶対に良くない影響を与えることだけは避けないといけないと理解していた。良い形で土曜を迎えたかったしね」

「快適な形で勝てたと思う。もちろん、ファンの皆のために勝ちたかった。オールド・トラッフォードでの最後の試合だったし、決勝に向けて、良い流れを維持したかった」

 退いて守ったボーンマスを相手に勝利を収めたものの、勝ち点で並んだマンチェスター・Cとは得失点差で下回り、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃した。それでも、ルーニーはFAカップ決勝に意識を集中させている。

「クラブの規模と歴史を考えれば、最大の大会に出場したいもの。それが叶わないのは残念。ただ、土曜の試合に向けて一丸とならないといけない。シーズンを、良い形で締めくくりたいね」

 マンチェスター・Uは21日に行われるFAカップ決勝でクリスタル・パレスと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る