2016.05.16

マンU本拠地で発見の不審物は訓練装置…延期試合は17日に開催決定

マンチェスター・U
不審物発見で中止されたマンUvsボーンマス。爆発物処理班も出動する騒ぎとなった [写真]=Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uの本拠地オールド・トラッフォードで発見され、その後、爆発物処理班により処理された不審物が、訓練用の機器だったことが判明した。クラブ公式サイトが伝えた。

 15日の現地15:00に開始予定だった試合直前、マンチェスター・Uのグラウンドスタッフが、サー・アレックス・ファーガソン・スタンドとストレトフォード・エンドの間に位置する北西スタンド・コーナー席用のトレイ内で、不審物を発見した。

 通報を受けた警察が駆けつけ、その後、爆発物処理班が出動。不審物は、“極めて実物の爆発装置のような物”と形容された。当初はスタジアム内の一部の観客のみ避難したが、警察とクラブの判断で試合開催中止となり、スタジアム内の全員が冷静に避難した。

 大マンチェスター警察のジョン・オハラ警視正は、「マンチェスター・U、そしてボーンマスのサポーターの皆様のサポート、ご協力に感謝しています」と、今回の一件について語り、捜査結果を説明した。

「管理下での爆破処理後に行われた捜査の結果、発見された不審物は、民間会社が行った爆発物探知犬の出動を伴う訓練で使用され、置き忘れられた訓練用の機器だったことが判明しました」

「今回発見された物体が、実際に爆発を起こすことのできる物ではなかったとはいえ、今回のような機器の発見は、実際に危険を伴う事件に発展していた可能性のあるケースです。スタジアムから全員を避難させる判断は、人々が危険に晒されるリスクがないと判断するまでの間に取った対応としては、正しかったと言えます」

「全員が落ち着き、警察官とスタジアムスタッフの指示に従ってくださったおかげで、安全で、迅速な避難が完了しました。今日の試合を観戦しに訪れた方々は、フットボールファミリーとして誉が高く、今日の行動は称えられるべきです」

「本日の出動にかかわった警察官、スタジアムスタッフ、マンチェスター・Uのスタッフ、メディア代表者、コメンテーター、爆発物処理班は、皆プロフェッショナルな対応をしてくれました」

 マンチェスター・Uのエグゼクティブ・ヴァイス・チェアマンを務めるエド・ウッドワード氏は、「ファンの皆様の安全こそ、常に最優先されるべきことです」とコメント。

「素晴らしい対応をしてくださった警察と、完璧な反応を示してくださった両チームのファンの皆様に御礼を申し上げます。クラブは、常日頃から警備に慎重を期しています。スタッフも、今回のような事態に備え、定期的に警察、救急サービスと訓練を行っています。今後の対応と解決策をお伝えする上でも、今回の件の調査を行う予定です」

 また、プレミアリーグは、開催が中止されたマンチェスター・Uボーンマスの試合日程変更に関する声明を、同日の夜に発表した。

マンチェスター・U対AFCボーンマス戦を、5月17日20:00(日本時間18日午前4時)に開催することを発表します。我々は、マンチェスター・Uのスタッフ、警察、救急サービススタッフが本日の一件で見せた対応に感謝するとともに、火曜日の試合開催に向けて調整してくれたことに御礼を申し上げます」

マンチェスター・UとAFCボーンマスの経営陣は、今回の迅速な対応に非常に協力的でした。本日の一件を考えれば、ベストな解決法です。試合チケット取扱いに関する情報は、両クラブが発表する予定です」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング