2016.05.15

マンU、本拠地で不審物発見…プレミア最終節が異例の延期に

マンチェスター・Uとボーンマスの一戦は中止となった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは15日、プレミアリーグ最終節のボーンマス戦が行われる予定だった本拠地オールド・トラッフォードにて不審物が見つかったとして。クラブ公式ツイッターで試合中止を発表した。

 プレミアリーグ最終節の10試合は同時刻に一斉開催される予定だったが、マンチェスター・Uボーンマスの一戦はスタジアムの北西コーナーエリアにて不審物が発見されたとして延期に。同エリア周辺のサー・アレックス・ファーガソン・スタンド(北側スタンド)とストレトフォード・エンド(西側スタンド)のファンを退避させ、警察犬が出動するなどの事態となっていた。

 当初は45分遅れるとのアナウンスがあったものの、試合開始予定時刻の約15分後に中止が決定。同クラブはツイッターを通じて、「スタジアムの北西コーナーエリアにて不審物が見つかったため、警察のアドバイスにより試合は中止となりました」と発表した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング