2016.05.12

チェルシー退団が噂される主将DFテリー、12日にクラブと会談実施か

テリー
今夏の去就が注目されているテリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーが、キャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリーと会談を行うようだ。11日付のイギリス紙『エクスプレス』が報じている。

 同紙によると、チェルシーは12日に、今シーズン限りで契約満了を迎えるテリーと今後の動向について話し合う予定だという。なお、同選手は来シーズンからチェルシーの新指揮官就任が決まっているアントニオ・コンテ氏と2度の会談を行っているが、契約延長の話には至っていない模様だ。

 また、11日付のイギリス紙『ガーディアン』は、今回行われるクラブとの談合で新契約が提示されることはないと予想した。

 テリーは昨シーズンに1年間の契約延長を行ったが、来シーズンにはMLS(メジャーリーグ・サッカー)や中国スーパーリーグへ挑戦することが噂されている。一方で、チェルシーのサポーターは11日に行われたプレミアリーグ第30節延期分のリヴァプール戦で同選手のバナーを掲げるなど、テリーが残留することを望んでいる。

 現在35歳のテリーは、チェルシーの下部組織出身。1998年にトップチーム昇格して以降、4度のプレミアリーグ優勝に貢献し、2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇にも寄与している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る