2016.05.11

今季でマンC退任のペジェグリーニ監督、エヴァートン就任を希望か

ペジェグリーニ
今季限りでマンCの指揮官を退任するペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン限りでマンチェスター・Cの指揮官を退任することが決まっているマヌエル・ペジェグリーニ監督が、来シーズンにエヴァートンを指揮することに興味を示しているようだ。10日付のイギリス紙『デイリー・メール』が伝えた。

 同紙によると、ペジェグリーニ監督は来シーズンもプレミアリーグでの指揮を望んでおり、ロベルト・マルティネス監督の解任が噂されるエヴァートンを指揮することに関心を抱いているという。なお、ペジェグリーニ監督の妻であるカローラ氏も、イングランドでの生活を望んでいると報じられている。

 また、ペジェグリーニ監督はエヴァートンを大きな可能性を持つクラブと評価しており、かつて指揮していたビジャレアルやマラガのように成功を収められると考えている模様だ。同監督は2005-06シーズンにビジャレアルをチャンピオンズリーグのベスト4に、2011-12シーズンにはマラガをリーガ・エスパニョーラ4位に導くなど、スペインで成功を遂げていた。

 なお、マンチェスター・Cは来シーズン、現在バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る