2016.05.07

同僚について語る岡崎…ベストフレンドは「インレル」、ボスは「モーガン」

岡崎 インレル
チームメイトの中ではインレル(左)がベストフレンドだと話した岡崎(右) [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司がイギリス誌『Four Four Two』のインタビューに応え、チームメイトたちについて語った。同誌のHPが6日にコメントを伝えている。

 1884年創設のレスターは今シーズン、クラブ史上初めてイングランドのトップリーグを制覇した。イングランドに渡ってわずか一年でプレミアリーグ優勝という偉業を成し遂げた岡崎が、オーストリア代表DFクリスティアン・フクス、スイス代表MFギョクハン・インレルら、レスターの同僚についてコメントしている。

 まずは、「誰が一番冗談を言うか」という質問に対し、「うーん、(ジェイミー・)ヴァーディ、クリスティアン・フクス。一人選ぶならフクスかな」と回答。

 続いてベストフレンドを問われ、「それはインレルですね」と、最も仲がいいチームメイトにインレルの名前を挙げると、「インレルはやっぱり語学力(がある)。何カ国語も話せるし、頭良いなと思います」と、同選手への賛辞を述べた。

 また、ドレッシングルーム(控え室)で流す音楽を決めているのは「(デンマーク代表GKカスパー・)シュマイケルです」と明かし、「自分が思うのは、周りの選手はけっこうダンスミュージックとかクラブミュージックを求めているんですけど、シュマイケルはどっちかというとオーソドックスな、ポップな、そういう曲を流している感じですね。オアシスとか好きっぽくて」と普段の控え室の様子を話している。

「チームで一番のボスは?」という質問には「あまりそういう選手いないですけど、やっぱりキャプテンの(ジャマイカ代表DFウェズ・)モーガン。身体的に見てもそうだし、堂々としているがイメージありますね。やっぱりキャプテンなんで」と屈強な肉体を誇る主将の名前を挙げた。

 そして、「将来最も良い監督になる選手は誰か」という問いには「フクスとかはいい監督になるんじゃないかなと思いますね。いろいろ考えてサッカーしているように見えますね。ドイツでも長くプレーしていたし、そういう考えがある選手だと思います」と答えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る