2016.05.05

トッテナムMFデンベレ、暴力行為でFAから処分…3試合以上の出場停止へ

デンベレ
D・コスタ(左から2人目)と揉めるトッテナムMFデンベレ(中央)[写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FA(イングランドサッカー協会)は4日、トッテナム所属のベルギー代表MFムサ・デンベレに対し、暴力行為により処分を科すことを公式サイトで発表した。

 トッテナムは、2日に行われたプレミアリーグ第36節でチェルシーと対戦し、2-2の引き分けに終わった。同試合は、逆転優勝に望みを繋ぐには勝利が必要だった一戦で、“ロンドン・ダービー”だったことも重なり、選手たちが次第にヒートアップ。45分、87分、そして試合終了後にも乱闘騒ぎが起きていた。

 デンベレは、前半終了間際の騒動で、チェルシー所属のスペイン代表FWジエゴ・コスタに対して暴力を振るったとみられている。FAは「通常の3試合の処分では、明らかに不十分である」としており、同選手には3試合以上の出場停止処分が言い渡される模様。なお、これに対して5日まで異議を申し立てることができるという。

 また、トッテナムとチェルシーに対しても、選手たちをコントロールできなかったとして、それぞれ処分を科すと発表されており、両クラブは9日まで異議を申し立てることができる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る