2016.05.01

亡き父の思いを胸に…プレミアMVPのマフレズ「今ここにいるのは彼のため」

マフレズ
大躍進のレスターをけん引するMFマフレズ [写真]=Leicester City FC via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 日本代表FW岡崎慎司所属のレスターでプレーするアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが父の死について語った。イギリス紙『デイリースター』が報じている。

 今シーズン、プレミアリーグで首位を守っているレスター。チームをけん引する活躍を見せ、PFA(イングランドサッカー選手協会)年間最優秀選手賞を獲得することになったのがマフレズだ。

 同選手の父親は、マフレズが15歳の時に心臓発作で亡くなっている。サッカーを始めるきっかけにもなった父の死について、マフレズは以下のように語った。

「僕がサッカー選手になる事は、父の夢だった。僕が今ここにいるのは、すべて彼のためだ。父からは大きな影響を受けたよ。彼は僕にいつも伝えていた。サッカーを追求し続けろと。彼は常に僕と弟を発奮させてくれたんだ」

「父は時々、僕らと一緒にとプレーしたよ。友人といるときにね。彼は、僕にとって大きな誇りなんだ。父の思い出は、6歳の時にサッカーをプレーさせてくれたことだ。それは幸せなことだったよ。おそらく、父の死は一つのきっかけになった。その後、より真剣になったかどうかはわからないけどね」

 また、娘については「僕を良い環境に置いてくれるよ。彼女が生まれたときは刺激になった」と話している。

 そして自身のプレースタイルについても言及。「僕のプレーは、まだストリートでサッカーをしていたときと同じだ。当時と変わっていないわけではないけどね。僕は誰にもパスを出さなかったから! 毎日ストリートでドリブルをして、トリックをやっていた。僕は19歳までアカデミーを見たことがなかったんだ」

「僕のような選手――エンゴロ・カンテやジェイミー・ヴァーディは、プログラムのなかで育ったわけじゃない。アカデミーにいれば、毎日9時に行って『これをやれ、あれをやれ』と言うことになる。でも僕らはただ自分のサッカーをしていたんだ。ヴァーディは、20代半ばになってからレスターにやってきた。僕は19歳でカンペールに入団した。それまでは、友人と街でプレーしていただけだったよ」と育ってきた環境がプレーに大きな影響を与えていると述べた。

 最後にプレミアリーグ制覇について、「夢を見ないようにするのは難しくなってきたね。時々、僕はそのことを考える。1、2分の間ね。でも、それはすぐに止めるよ。考えられるのはすべてが終わった後だ。まだ何も終わってないのだからね」と語り、気を引き締めている。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る