2016.04.29

トッテナムMFデレ・アリ、3試合出場停止が決定…暴力行為に制裁

デレ・アリ
トッテナムでプレーするデレ・アリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、プレミアリーグの残り3試合に出場できないこととなった。28日、FA(イングランドサッカー協会)が発表した。

 アリは25日に行われたプレミアリーグ第35節のウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦でアルゼンチン人MFクラウディオ・ヤコブの腹部を故意に殴ったとされ、FAから当該シーンについて調査を受けていた。

 調査の結果、アリはFAから今シーズンの残り全3試合の出場停止が言い渡された。現在20歳の同選手は、ここまでリーグ戦33試合に出場し、10ゴールを記録する活躍を見せ、PFA(イングランドサッカー選手協会)により最優秀若手選手賞にも選ばれていた。

 トッテナムは現在、勝ち点69でリーグ2位につけている。首位レスターとの勝ち点差は7ポイント離れており、残り3試合での逆転優勝は非常に厳しい状況となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る