2016.04.27

ベイル、来季CLで古巣との対戦望む「トッテナムの成功を願っていた」

ベイル
レアル・マドリードに所属するベイル。古巣への思いを語った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表MFギャレス・ベイルが、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)への思いを語った。26日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在26歳のベイルは、2013年の夏にトッテナムから約1億1000万ユーロ(約138億円)と見られる移籍金でレアル・マドリードに加入。トッテナムは現在プレミアリーグで2位につけており、5シーズンぶりにCLへ出場する可能性が高まっている。

 ベイルは「チャンピオンズリーグでトッテナムと対戦することになって、ホワイト・ハート・レーンに戻ることになれば、興奮するだろうね」と、来シーズンのCLで古巣クラブとの対戦を心待ちにした。

 2007年から2013年までの6年間をトッテナムで過ごしたベイル。その後も古巣の動向を気にしているようで、「僕は移籍をしてから、どんな時もトッテナムの成功と成長を願っていたんだ。今でも彼らが僕のことを愛してくれていると信じているよ」と話し、自身のことも歓迎してもらいたいと口にした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング