2016.04.26

エジル、チャンス演出数でプレミア新記録を樹立…ランパードを上回る

エジル
1シーズンのチャンス演出数で新記録を樹立したエジル [写真]=Arsenal FC via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 24日に行われたプレミアリーグ第35節のサンダーランド戦を0-0の引き分けで終えたアーセナルは、得失点差によってマンチェスター・Cに抜かれ、4位へと順位を下げた。

 そんななか、イギリスメディア『スカイスポーツ』ではアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルがプレミアリーグの記録を更新したと伝えた。

 サンダーランド戦で84分間プレーしたエジルは、かつてチェルシーで活躍した元イングランド代表MFフランク・ランパード(現ニューヨーク・シティFC)の持つ記録を破り、1シーズンでのチャンスクリエイト数で最高記録を樹立したとのことだ。

 ランパードの記録は134回(2008-09)で、今シーズンのエジルはそれを上回る137度のチャンスを演出したという。

 アーセナルの残り試合はまだ3つあるので、記録はさらに伸びそうだ。なお、エジルは今シーズンのアシスト数も18に達しており、クラブOBの元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が持つリーグ記録の20に迫る勢いだ。

 なお、プレミアリーグにおいて、1シーズンで100以上のチャンスクリエイト数を記録した選手はこれまでに13人しかないという。上位10人は以下のとおり。

■プレミアリーグ1シーズンのチャンス演出数トップ10(カッコ内はチーム名/達成したシーズン)

1位 メスト・エジルアーセナル/2015-16)137回 ※24日時点
2位 フランク・ランパード(チェルシー/2008-09)134回
3位 フローラン・マルダ(チェルシー/2010-11)117回
4位 セスク・ファブレガス(アーセナル/2006-07)116回
4位 レイトン・ベインズ(エヴァートン/2012-13)116回
6位 フランク・ランパード(チェルシー/2009-10)114回
7位 セスク・ファブレガス(アーセナル/2007-08)112回
8位 ミケル・アルテタ(エヴァートン/2006-07)108回
9位 クリスティアン・エリクセン(トッテナム/2015-16)105回 ※24日時点
10位 ダビド・シルバ(マンチェスター・C/2012-13)104回

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング