FOLLOW US

エース不在でも快勝…レスター指揮官、リーグ制覇へ「夢を現実に」

スウォンジーに勝利し喜ぶレスターのラニエリ監督 [写真]=Leicester City FC via Getty Images

 プレミアリーグ第35節が24日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位のレスタースウォンジーに4-0で快勝した。試合後、クラウディオ・ラニエリ監督がイギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応えている。

 リーグ戦22得点を挙げているイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディを出場停止で欠いたレスター。しかし、代役としてスタメン出場したアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョアが2得点をマークしたほか、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド人MFマーク・オルブライトンのゴールで開幕戦以来となる4得点を記録して大勝を収めた。勝ち点3を獲得し、25日にウェスト・ブロムウィッチとの対戦を控える2位トッテナムへプレッシャーを与えている。

 ラニエリ監督は「見事なパフォーマンスだった。選手たちの戦う姿勢を見れたのはよかったよ」とチームに称賛の言葉を送った。

 エースのヴァーディに代わって出場し、2得点を挙げる活躍を見せたウジョアについては、「彼がいいプレーを披露すると確信していたけど、まさか2得点するとは思わなかったね」と、嬉しい驚きだったことを明かしている。

 同試合の勝利によってレスターは勝ち点を76とし、2位のトッテナムに暫定で8点差をつけている。奇跡のリーグ優勝にまた一歩近づいた指揮官は「今こそ夢を現実にしなければならない。全てを捧げる時が来た」と、残り3試合に向けて気を引き締めた。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA