2016.04.25

アーセナルが下位相手に痛恨ドロー、4位転落…優勝の可能性消滅

エジル
エジルは84分までプレーしたが、得点を挙げることはできなかった [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第35節が24日に行われ、サンダーランドとアーセナルが対戦した。

 アーセナルは20日に第30節延期分でウェスト・ブロムウィッチと対戦し、2-0と快勝。リーグ戦3試合ぶりの勝利を収め、勝ち点を「63」に伸ばして3位に浮上した。今節は4位マンチェスター・Cがアーセナルの前日に試合を行い、ストークに4-0と快勝。勝ち点を「64」としている。

 勝てば3位の座を守れるアーセナルだが、立ち上がりからサンダーランドに攻勢をかけられる。22分に右ポスト直撃の直接FKでゴールを脅かされると、36分にはペナルティーエリア内でこぼれ球を拾われ、相手のシュートがペア・メルテザッカーの手に当たったように見えるプレーがあったが、笛は鳴らず。ピンチを免れた。

 スコアレスで迎えた後半もサンダーランドの攻勢が続く。50分には立て続けに2本のシュートで枠を捉えられたが、いずれもGKペトル・チェフが好セーブで阻止。ゴールを許さない。

 アーセナルは71分、セオ・ウォルコットとダニー・ウェルベックを投入して攻撃陣の活性化を図るが、なかなかゴールを割ることができない。84分にはジャック・ウィルシャーが途中出場でピッチに立ち、実戦復帰を果たした。87分にはアレクシス・サンチェスが強烈なミドルシュートで枠を捉えたものの、相手GKの好セーブに阻まれてゴールネットを揺らすことはできなかった。

 試合は0-0で終了。スコアレスドローに終わり、勝ち点1を分け合う結果となった。勝ち点を「64」に伸ばすにとどまったアーセナルはマンチェスター・Cと同勝ち点で並び、得失点差で下回って4位に転落。また、同日に今節を戦った首位レスターがスウォンジーに4-0と快勝して勝ち点を「76」に伸ばしたため、アーセナルの逆転優勝の可能性が消滅。タイトル争いはレスターとトッテナムに絞られた。

 アーセナルは次節、30日にノリッジをホームに迎える。一方、サンダーランドは30日にストークとアウェーで対戦する。

【スコア】
サンダーランド 0-0 アーセナル

「それでもアーセナルが好きだ!」ワールドサッカーキング2016年5月号(No.310/4月12日発売)

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、「ガナーズ・スタイル第3弾」と称してアーセナルを大特集。リーグタイトルから遠ざかっているにも関わらず、現地ロンドンはもちろんのこと、日本にも多くのファンが存在するなど、アーセナルが世界中から愛される理由を検証します。主力25選手のパフォーマンスを憎愛たっぷりに評価した選手評は必読!

  • 発売日:2016年4月12日

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る