FOLLOW US

ケインが今季22点目、クラブ新記録樹立も「チームの勝利が大事」

シーズン22得点のクラブ記録を樹立したFWケイン [写真]=Getty Images

 トッテナムは2日、プレミアリーグ第32節でリヴァプールと対戦し、1-1と引き分けた。チーム唯一のゴールを決めたトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインのコメントを、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 試合はリヴァプールが50分にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョのゴールで先制したが、62分にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのパスを受けたケインが同点ゴールをマーク。ケインは今シーズンのリーグ戦得点数を22とし、トッテナムの選手としてプレミアリーグ1シーズンの最多得点記録を樹立した。なお、試合はそのままドローで終了している。

 新記録を樹立したケインは「個人の記録よりチームの勝利の方が大事」と前置きした上で「個人的には大きなことを達成できたね」とコメント。

「開幕直後はいろいろ言われたけど、僕は自分の能力を信じて、改善するためにすべてのトレーニングで全力を尽くしたんだ」と、序盤戦は不調が続いたものの尻上がりにゴール数を伸ばしている今シーズンを振り返っている。

 3日に首位のレスターがサウサンプトンに勝利したため、トッテナムは6試合を残してトップから勝ち点7差の2位と、優勝争いは厳しい状況となっている。しかし、同選手は「どんなことも起きる可能性がある」と語り、タイトル獲得を諦めていないことを強調した。

 トッテナムは次戦、10日にプレミアリーグ第33節で5位のマンチェスター・Uと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA