2016.03.31

仏代表デビューの岡崎同僚カンテ、今夏に移籍か…ユーヴェらが関心

カンテ
29日のロシア戦で代表初ゴールを決めたカンテ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司のレスターに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、今シーズン限りで同クラブを退団する可能性を示唆した。イギリス紙『デイリーメール』が30日に報じている。

 カンテは昨年8月、リーグ・アンのカーンから4年契約でレスターに移籍した。プレミアリーグ初挑戦ながら、第31節終了時点で30試合に出場、1ゴールを記録。首位を走るレスターの中心選手として活躍している。そして、今回の国際Aマッチウイークで親善試合2戦に臨んだフランス代表メンバーに初招集。25日のオランダ代表戦でデビューを果たすと、自身の25回目の誕生日でもあった29日のロシア代表戦では、代表初先発で初ゴールを決めた。

『デイリーメール』いわく「レスターの“時の人”」となったカンテだが、同クラブに長く留まる意思はないと報じられている。同紙によると、カンテは大手メディア『Sky』に対し、「今シーズンはレスターのために戦うけど、来シーズンのことは誰にもわからない。どうなるか見てみようじゃないか」とコメント。「今はレスターのことに集中している。良い形でシーズンを終えないといけないんだ」と話す同選手だが、今シーズン終了後に他クラブへ移籍する可能性を示唆している。

 なお、報道によると、カンテに対してはチェルシーとアーセナル、ユヴェントスが関心を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る