FOLLOW US

ヒディンク、プレミア新記録を達成…就任から12試合連続無敗は最長に

5日に行われたプレミアリーグ第29節ストーク戦で指揮を執るヒディンク監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、プレミアリーグの新たな記録を打ち立てていたことがわかった。8日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ヒディンク監督はジョゼ・モウリーニョ前監督の後任として、昨年12月からチェルシーの指揮官に就任。同26日に行われたプレミアリーグ第18節ワトフォード戦から指揮を執り、リーグ戦12試合で5勝7分けと負けなしを継続している。

 就任からプレミアリーグ12試合負けなしというのは最長。1994年にノッティンガム・フォレストを率いたフランク・クラーク氏の11試合連続無敗記録を更新した。

 ヒディンク監督が就任した際、チェルシーは17試合を終えて勝ち点「18」で、リーグ15位に沈んでいた。しかしながら、同監督就任後に勝ち点「22」を積み上げて、現在はリーグ10位まで浮上している。

 チェルシーは9日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでパリ・サンジェルマンと対戦。12日にはFAカップ準々決勝でエヴァートンと対戦し、19日にプレミアリーグ第31節でウェストハムをホームに迎える。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO