FOLLOW US

マンU指揮官、アタッカー獲得の噂を否定「1月のビジネスはない」

マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が、1月の移籍市場での選手獲得を否定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が9日伝えている。

 マンチェスター・Uはプレミアリーグ20節までを終えて24得点と得点力不足に苦しみ、順位はチャンピオンズリーグ出場圏外の5位となっている。9日に行われたFAカップ3回戦のシェフィールド戦でも、得点は試合終了間際の1ゴールにとどまった。

 チームは冬の移籍市場で、攻撃力の強化のためラツィオに所属するブラジル人MFフェリペ・アンデルソンや、レアル・マドリードでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなどの獲得に動いていることが報じられていた。

 しかしファン・ハール監督は、これらの噂を否定。「いい選択肢があれば補強を行うけれど、今の段階では1月のビジネスはないと言えるだろう」と語り、冬の移籍市場で補強することが無いことを明かした。

 その上で同監督は、「私が以前から言っているように、このチームにはスピードがあって創造性あふれる選手が必要だ」と前線の新たなプレーヤーを求めた。具体的には、「マタを右サイドで使うことが多いが、彼はウイングタイプの選手ではない。それでも彼はうまくチームに貢献しているから、マタより優れた選手を探すことは大変だと思うけどね」と、スペイン代表MFフアン・マタの名前を挙げ、同選手のプレー内容を評価しつつも、右サイドのアタッカーが欲しいことを示唆した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO