FOLLOW US

マンUが公式戦9試合ぶりの勝利…ルーニーの絶妙ヒール弾で新年白星発進

スウォンジー戦でゴールを決めたマルシャル(左)とルーニー(右)[写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第20節が2日に行われ、マンチェスター・Uとスウォンジーが対戦した。

 公式戦8試合白星から遠ざかってる6位のマンチェスター・U。2016年最初の試合はホームのオールド・トラッフォードに17位のスウォンジーを迎えた。マンチェスター・Uは、ルイ・ファン・ハール監督就任以来、スウォンジー相手に勝利なし。ここまで3連敗でいずれも1-2で敗れ、直近の2試合では先制するが、2ゴールを許して逆転負けを喫していた。

 試合は前半をスコアレスで折り返し、後半開始直後にマンチェスター・Uの先制で動く。47分、右サイドのアシュリー・ヤングからのクロスに、中央のアントニー・マルシャルが頭で叩きつけて、ゴール右隅に決めた。しかし、スウォンジーも反撃に出る。64分、ギルフィ・シグルズソンからのアーリークロスに、ゴール前へ飛び出したアンドレ・アイェウがヘディングシュートを放つが、右ポストに弾き返された。すると70分、エリア内右のモドゥ・バーロウからのクロスを、中央のシグルズソンが頭で合わせると、シュートはGKダビド・デ・ヘアの頭を越えて、ゴール左隅に吸い込まれた。

 スウォンジー戦2試合連続逆転負けの悪夢が過るマンチェスター・Uだが、この日果敢にゴールを狙っていたキャプテンのウェイン・ルーニーが待望の一撃を挙げて勝ち越しに成功する。77分、左サイドを突破したマルシャルが、中央に鋭い折り返しを供給。ニアサイドに飛び出したルーニーが左足のバックヒールで流し込み、ゴールネットを揺らした。

 ルーニーは、昨年10月17日の第9節エヴァートン戦以来(公式戦では11月3日のチャンピオンズリーグ・CSKAモスクワ戦以来)のゴールを獲得。プレミアリーグ歴代2位となる188得点目(1位はアラン・シアラー氏の260得点)、さらにクラブでも歴代2位となる通算238得点目(1位はボビー・チャールトン氏の249得点)となった。

 終盤にスウォンジーの猛攻にあったマンチェスター・Uだが、しっかり守り切って2-1の勝利。公式戦9試合ぶりの白星で2016年のスタートを切った。

 マンチェスター・Uは、9日に行なわれるFAカップ3回戦のシェフィールド・U戦をはさみ、12日の次節でニューカッスルと対戦。スウォンジーは、10日に同3回戦で オックスフォード・Uと、13日の次節でサンダーランドと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 2-1 スウォンジー

【得点者】
1-0 47分 アントニー・マルシャルマンチェスター・U
1-1 70分 ギルフィ・シグルズソン(スウォンジー)
2-1 77分 ウェイン・ルーニーマンチェスター・U

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA