2015.12.27

岡崎2戦連続スタメンも不発…レスター11戦ぶり黒星も首位キープ

岡崎慎司
リヴァプール戦に先発出場した岡崎慎司 [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第18節が26日に行われ、リヴァプールと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。岡崎は2トップの一角で2試合連続の先発出場を果たしている。

 前節、レスターはエヴァートンに3-2で勝利を収めた。これでリーグ戦10試合無敗とし、首位を走るレスターは、クリスマス翌日の祝日「ボクシング・デー」に行われる伝統の一戦で、9位リヴァプールとのアウェーゲームに臨んだ。

 序盤から積極的に攻めたのはリヴァプール。3分、エリア手前左でパスを受けたフィリペ・コウチーニョが右足シュートを放ったが、ここは枠の右に外れてしまった。さらに16分、ジョーダン・ヘンダーソンから浮き玉のパスを受けたアダム・ララーナがエリア内右から右足シュートを放ったが、ここはわずかに右のサイドネットに外れてしまった。

 その後もリヴァプールがチャンスを作る。25分、再びヘンダーソンが中盤からパスを出すと、ディヴォック・オリジがこれを左サイドで受ける。自らエリア内に持ち込み、エリア内左から右足でシュートを狙ったが、ここはGKカスパー・シュマイケルがビッグセーブを見せて、なんとか防いだ。

 リヴァプールにアクシデントが発生する。38分、太ももを痛めたディヴォック・オリジを下げ、クリスティアン・ベンテケを投入した。

 なかなかチャンスを作れないでいたレスター。40分、エリア手前でパスを受けたリヤド・マフレズが右足シュートを放ったが、ここはGKシモン・ミニョレに防がれてしまった。このままスコアレスで前半終了を迎えた。

 リヴァプールは後半立ち上がりもチャンスを作ったが、なかなかゴールを奪うことができない。0-0のまま迎えた63分、ついに得点が動く。リヴァプールは左サイドからのスローインの流れからロベルト・フィルミーノがボールを持つと、エリア左横から速いクロスを入れる。これをベンテケが倒れ込みながら右足ボレーで合わせた。これがゴール右下に決まり、ホームのリヴァプールが先制した。

 リードを許したレスターは69分に2トップを入れ替える。ジェイミー・ヴァーディと岡崎を下げ、レオナルド・ウジョアとネイサン・ダイアーを投入した。74分、左サイドのクリスティアン・フクスが低いアーリークロスを入れると、ニアに飛び込んだダイアーがダイレクトで合わせたが、GKミニョレがなんとか防いだ。

 89分、レスターはゴール前のクロスからアンディ・キングが右足ダイレクトでシュートを放った。しかし、ここはエムレ・ジャンが身体を張って守り、同点ゴールを許さない。

 逃げ切りを図るリヴァプールは、後半アディショナルタイム1分にコウチーニョを下げ、ルーカス・レイヴァを投入し、守備を固めに出る。後半アディショナルタイム5分には、レスターのGKシュマイケルが前線に上がったが、得点につながらず。逆にカウンターからベンテケがビッグチャンスを迎えたが、無人のゴールに決めることはできずにウェス・モーガンのブロックにあってしまった。

 レスターは最後まで決定機を作ることができず、0-1でリヴァプールに敗れた。レスターにとっては第7節のアーセナル戦以来11戦ぶりの黒星。しかし、同日行われた他会場の試合で2位アーセナルがサウサンプトンに敗れたため、なんとか首位を守った。なお、岡崎は69分までプレーした。

 次節、リヴァプールは敵地でサンダーランドと、レスターはホームでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1-0 レスター

【得点者】
1-0 63分 クリスティアン・ベンテケ(リヴァプール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る