2015.12.22

アーセナルDFが難民のために基金を創設「サッカー選手としての義務」

ガブリエウ
アーセナルに所属するDFガブリエウ [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するブラジル代表DFガブリエウが、難民の子供たちを支援するための「アーセナル基金」を立ち上げた。イギリス紙『デイリーメール』が20日付で伝えている。

 ブラジル・サンパウロ州出身のガブリエウは、NGOの「セーブ・ザ・チルドレン」と協力して基金を立ち上げた。集められた寄付金はイラク難民の子供たちのためにサッカーグラウンド2面分を作る資金に充てられ、余剰金は世界中で困っている子供たちを支援するために使われるという。

 アーセナル基金の創設についてガブリエウは、「素直に嬉しい。サッカー選手として困っている人を助けるのは義務だからね。僕はその義務を自分の口座から数百万ポンドを寄付するという形で実行している。こんなに嬉しいことはないよ」と喜びを示している。

 また、同選手はブラジルの地元チームに若手育成のための資金を援助している。自らが育った境遇について「僕の地元には浄水された水がなく、電気は外のケーブルから盗んでいた。嫌なことがいっぱいあった。強盗にあったこともあるし、犯罪もよく見かけた」とコメント。

 続けて、「最初はそういう困難な状況で生きなければならないということがかなり辛かった。もう二度と味わいたくないことを何度か味わった。暴力にあふれた環境だったんだ。その環境の中でサッカー選手として成功したいという気持ちを育んできた。それはずっと夢見てきたことだった」と述べ、サッカー選手になることが夢だったと語った。

 さらに、「僕の時代の子供たちにはサッカーと学校しかなかった。それだけが僕らがやらなければならない活動だった。それ以外の選択肢がなかったのさ。選択肢が少なかったせいで、友達はみんな困っていた。もしサッカー選手として成功しなければ、生きていく他の方法がほとんどなかったからね。今では時代も変わって、子供たちはたくさんの選択肢を持っている」と過去を振り返っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング