2015.12.22

新監督就任のチェルシー、攻撃陣の改革へ…獲得候補にベンゼマら

ベンゼマ
レアル・マドリードでプレーするベンゼマ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーが来年1月の移籍市場で攻撃陣の獲得を目指すようだ。22日付のイギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 チェルシーは17日、2013年夏からチームを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督が成績不振のため退任。19日に新監督としてフース・ヒディンク氏の就任を発表した。

 プレミアリーグでの低迷とともに、ここまで17試合で21ゴールと得点力不足に悩む同クラブは、来年1月の移籍市場でアタッカーの獲得を画策しているようだ。同紙は獲得候補の1番手としてレアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマの名前を挙げた。リヨンに所属する同代表MFマテュー・ヴァルブエナへの恐喝容疑がかけられている同選手にはアーセナルマンチェスター・Cも関心を示しており争奪戦が予想される。

 また、ベンゼマの他にもチェルシーの獲得候補にはリヴァプール所属のベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケやレヴァークーゼンでプレーするメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが挙げられている。

 一方、今年7月にモナコからチェルシーにレンタル移籍で加入したコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは放出される可能性が高いようだ。公式戦ここまでわずか1ゴールにとどまり、現在は負傷のため戦列を離れている同選手自身も移籍を望んでおり、今後ヒディンク氏と移籍について話し合う機会を設けるという。

 解禁が目前に迫った冬の移籍市場に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る