2015.12.14

モウリーニョ、ヴァーディの歴史的記録を称賛「美しいストーリー」

レスター所属のFWヴァーディ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日に行われるプレミアリーグ第16節の試合での対戦を前に、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのFWジェイミー・ヴァーディの今季の活躍に賛辞を送った。12日付のイギリス紙『ミラー』が伝えている。

 第15節終了時点でチェルシーがリーグ戦14位につけているのに対し、レスターは首位に立っており、対照的なスタートを切った両チーム。特に第4節のボーンマス戦から第14節マンチェスター・U戦まで11試合連続ゴールでプレミアリーグ記録を更新し、得点ランクトップの14ゴールを挙げているヴァーディの活躍は目覚ましいものがある。

 ヴァーディについて、モウリーニョ監督は、「美しいストーリーだよ。彼の記録は歴史に残るものだ。来シーズンに誰かが出てきて、彼の記録を破るようなことになるとは思わない。簡単にやれることではないからね」と話し、歴史的な記録を称賛した。

 また、同選手の特徴については、「得点ランクトップの選手だし、ビッグクラブが彼を欲しがるのも当然だ。スピードがあり、相手守備陣の裏のスペースを突くことができる選手は貴重だからね」と、ビッグクラブが注目するに値するスピードを持ち合わせていると認めた。

 さらに、ビッグクラブでの成功が可能かどうかについて言及し、「もちろんビッグクラブだと、相手が非常に低い位置でブロックをつくっていて、エリア内の小さなスペースでプレーする技術を持つ選手が強く必要とされる。だが、スピードがある直接的な選手も成功することができるよ」と、今後の活躍に期待していることを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る