2015.12.12

アザールが深刻なゴール欠乏症…5月以降、2218分間無得点

アザール
チェルシーに所属するMFアザール [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールが深刻なゴール欠乏症に陥っており、無得点記録を2218分間まで延ばしている。イギリス紙『デイリーメール』が11日に報じた。

 5月2日に行われたクリスタル・パレス戦で得点を決めて以来ゴールから遠ざかっているアザール。昨シーズンはイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選出する年間最優秀選手に選ばれる活躍を見せていたものの、今シーズンは本調子を取り戻せていない。

 2012年にリールからチェルシーに加入したアザールはこれまでチェルシーで49得点を記録。しかし現在は2218分もの間、無得点が続いており、これはチェルシーのアタッカーとしては最長だ。

 同クラブでは、オーストラリア代表FWティム・ケーヒル(上海申花)が2154分、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)が1381分、元イングランド代表FWピーター・クラウチ(ストーク)が1232分と、これまでもゴール欠乏症に悩まされる選手がいたが、アザールはこれらの選手以上に得点から遠ざかっている。

 チェルシーは15日、プレミアリーグ第16節で日本代表FW岡崎慎司が所属する首位レスターと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る