FOLLOW US

チェルシーが本拠地改築計画を発表…約2万席を増設し6万人収容へ

チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジ [写真]=Getty Images

 チェルシーは1日、クラブ公式HPを通じて本拠地スタンフォード・ブリッジの改築計画を発表した。

 発表によると、観客席は現在の4万1600席から6万席に増設され、地下鉄のフラム・ブロードウェイ駅から直接アクセス可能にする予定だという。さらに「全座席からの快適なスタジアム観戦」や「最高の雰囲気を提供するアリーナデザイン」を計画している模様。現在はハマースミス・アンド・フルハム・ロンドン特別区に申請中で、シーズン終了までプロジェクトを継続すると伝えている。

 改築計画は、イギリス紙『デイリーメール』など各紙が6月に報じ、改築には少なくとも約5億ポンド(約925億円)の費用と3年の期間を要する見込みで、その間はウェンブリー・スタジアムなどが代替地候補に挙がっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA