2015.12.01

プレミアでも違反か…アーセナル&チェルシーに補強禁止処分の可能性

アーセナル チェルシー
9月に対戦したアーセナルとチェルシー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグのアーセナルとチェルシーに補強禁止処分が科される可能性が出てきた。スペイン紙『アス』が報じ、イギリス紙『メトロ』が29日付で伝えている。

 FIFA(国際サッカー連盟)は一部の例外を除き18歳未満の選手の国際移籍を原則的に禁止している。しかし、バルセロナは本規定を違反したとして、FIFAから2年間の補強禁止処分を受けていた。

 また、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードも同じ規定違反を犯していた疑いがかかっており、来年1月から2年間の補強禁止処分を受けることが濃厚となっている。

 この2チームに加え、イングランドの強豪であるアーセナルとチェルシーも補強禁止処分の対象になる可能性が出てきているようだ。現在アーセナルとチェルシーの規定違反に関する調査が進んでいるとされているが、処分が下された場合は両チームにとって大きなダメージとなるだろう。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る