2015.11.30

モウリーニョ、今後の巻き返しに自信「これから10戦無敗も可能」

トッテナム戦でチェルシーを指揮するモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーは29日、プレミアリーグ第14節でトッテナムと対戦し、敵地で0-0と引き分けた。試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がインタビューに応じている。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 モウリーニョ監督は、「今日のようなプレーをしていれば、これからの10試合を無敗で乗り切ることも可能だろう。我々にとって望んだ結果ではなかったが、パフォーマンスは良かったね」と試合を振り返り、復調の可能性を大いに感じられる内容だったと語った。

 さらに、「我々は熱意を持って12月に臨めると思う。12月末には我々が今と違う順位におり、トップチームとの差を縮められると確信しているよ」と続け、今後の巻き返しを誓った。

 チェルシーは12月、5日にプレミアリーグ第15節でボーンマスをホームに迎え、その後日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター、サンダーランド、ワトフォード、マンチェスター・Uと連戦が続く。また、12月9日には決勝トーナメント進出をかけた、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節ポルト戦も控えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る