2015.11.29

フル出場の吉田がミスから失点献上…マンCは公式戦4試合ぶり白星

吉田麻也
マンチェスター・C戦でフル出場した吉田麻也(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第14節が28日に行われ、マンチェスター・Cと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。

 前節、リヴァプールに1-4の大敗を喫し、日本代表FW岡崎慎司所属のレスターに首位を奪われたマンチェスター・C。25日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でもユヴェントスに敗れており、白星を取り戻したいところ。負傷離脱が続いていたスペイン代表MFダビド・シルバがベンチに戻ってきた一方、ユヴェントス戦で負傷したイングランド代表GKジョー・ハートはメンバー外となった。対するサウサンプトンは吉田が右SBで先発。強敵相手に敵地で勝利を狙う。

 試合が動いたのは9分。自陣右サイドでボールを持った吉田がドリブルを仕掛けると、ラヒーム・スターリングに奪われてしまう。スターリングがそのままエリア内まで持ち運びゴール前に折り返すと、これをケヴィン・デ・ブライネが押し込んでマンチェスター・Cが先制に成功した。

 さらに21分、右CKを得たマンチェスター・Cは、グラウンダーのクロスがエリア手前に流れたところに反応したファビアン・デルフが左足を一閃。低い弾道のシュートは相手DFに当たってコースが変わると、そのままゴールネットを揺らした。

 リードを広げたマンチェスター・Cだったが、後半に入った51分にサウサンプトンが1点を返す。右からのクロスにエリア内のシェーン・ロングが高い打点で合わせ、ヘディングシュートを叩き込んだ。

 それでもホームで意地を見せるマンチェスター・Cは70分、左サイドを持ち上がったスターリングが右サイドに展開すると、デ・ブライネのクロスをエリア内左で受けたアレクサンダル・コラロフが胸トラップから左足でハーフボレー。これがゴール右隅に決まり、再び2点差とした。

 試合はこのまま終了を迎え、マンチェスター・Cが3-1で勝利。公式戦4試合ぶりの白星となり、リーグ戦暫定首位に浮上した。一方のサウサンプトンは連敗を喫している。なお、吉田はフル出場した。

 次節、マンチェスター・Cは12月5日に敵地でストークと、サウサンプトンは同日にホームでアストン・ヴィラと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 3-1 サウサンプトン

【得点者】
1-0 9分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
2-0 21分 ファビアン・デルフ(マンチェスター・C)
2-1 49分 シェーン・ロング(サウサンプトン)
3-1 70分 アレクサンダル・コラロフ(マンチェスター・C)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る