2015.11.24

アーセナル、中盤の要コクランが約2カ月の離脱へ…ラムジーは復帰

コクラン
WBA戦で負傷したアーセナルMFコクラン(34番) [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、フランス人MFフランシス・コクランが数カ月の離脱を強いられると明かした。クラブ公式サイトが23日に伝えた。

 コクランは、21日に行われたプレミアリーグ第13節のウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦で先発出場するが、開始14分にひざを負傷し交代を余儀なくされた。さらに、代わって入ったスペイン人MFミケル・アルテタも後半開始直後に負傷し、元フランス代表MFマチュー・フラミニと交代。なお、チームはWBAに1-2で敗れ、リーグ戦7試合ぶりの黒星で4位転落となった。

 ヴェンゲル監督は23日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節、ディナモ・ザグレブ戦の前日会見に応じ、負傷者について明言。「コクランとアルテタは離脱した。アルテタは短期間だが、コクランは長くなる」と語った。

 また、12試合に先発出場し、守備的MFのレギュラーとしてチームの好調を支えていたコクランについては、「1カ月離脱は間違いない。これまで検査で悪いサプライズが多くあったから慎重だよ。だが、これから数カ月、チームはコクラン不在の中で戦わなくてはならない」とコメント。具体的な離脱期間の明言を避けたが、イギリスメディア『スカイスポーツ』は少なくとも2カ月の離脱を強いられ、復帰は早くて来年1月末になる見込みだと報じている。

 現在アーセナルはすでに、MFジャック・ウィルシャー、MFアレックス・オックスレイド・チェンバレン、FWセオ・ウォルコット、FWダニー・ウェルベックのイングランド代表4名と、チェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーが負傷離脱。そこにアルテタとコクランが加わることになった。なお、同メディアによると、離脱していたウェールズ代表MFアーロン・ラムジーは23日に練習に復帰したという。

 同監督は、「11月まではいい状態だったが、11月に入って数人を欠いているため打撃は大きい」と負傷者続出に頭を悩ませている様子だが、良いニュースとして「ラムジーは復帰して(ディナモ・ザグレブ戦に)出場可能だ。チェンバレンも週末には戻ってくる。その次はウォルコットだろうね」と明かした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング