2015.11.21

ルーニー&マルシャルも不在…マンU指揮官が6選手の欠場を明言

マンチェスター・Uのルーニー(左)とマルシャル(右) [写真]=Man Utd via Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uは、21日に行われるプレミアリーグ第13節でワトフォードと対戦する。同試合で6選手の欠場が決まり、チームを率いるルイ・ファン・ハール監督はメンバー選考で頭を悩ますことになった。クラブ公式サイトが20日に伝えた。

 クラブ公式チャンネル『MUTV』の独占インタビューに応じた同監督は、フランス代表FWアントニー・マルシャルとイングランド代表MFマイケル・キャリックが代表戦で負傷し、離脱したことを明かした。

 また、イングランド代表FWウェイン・ルーニーは体調を崩し、コンディションが整っていない。足の手術を受けたエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアは長期離脱が見込まれ、1-0で勝利したチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦以降プレーしていないベルギー代表MFマルアン・フェライニもケガから回復していない。そして、骨折で離脱中のイングランド代表DFルーク・ショーの復帰時期は未定のままだ。

 ファン・ハール監督は、現地20日にAonトレーニングコンプレックスで受けたインタビューで、「皆も知っていると思うが、マイケル・キャリックとアントニー・マルシャルが負傷した。そしてフェライニも負傷離脱が続いている。フェライニに関しては回復したと思っていたので驚いたが、まだ治っていない。ルーニーも体調を崩しているので、これは痛い。大きな問題を抱えてしまったが、なんとか耐えられるだろう」と語った。

 ウェンブリーで開催されたイングランド戦で負傷したマルシャルは、スタジアムを松葉づえ姿で出たところが目撃され、ディディエ・デシャン監督も「痛みが酷いようだ」とコメント。だが、ファン・ハール監督は25日に行なわれるCLのPSV戦から出場可能と、楽観視している。

「周りが書いているほど重症ではないが、ワトフォード戦には出場できない。PSV戦には出場できるかもしれないが、まだハッキリはわからない。ルーニーは体調を崩しただけなので、回復までそこまで時間はかからないだろう。バレンシアは代表ウィーク前に手術を受けた。ショーも離脱中だ。つまり、5選手が負傷で離脱した。これは多い」

 同監督はインタビュー後に行なわれた会見で、キャリックの状態について、「マイケルも重傷ではない。メディアが書いている時期よりも大分早く出場できるようになるだろう」と明かした。

 負傷から復帰する可能性があるのはU-21イングランド代表FWジェームズ・ウィルソンのようで、監督も同選手について次のように話している。

「ウィルソンは問題ない。出場はできるだろうが、試合勘、リズムを取り戻せていないので、フル出場はできないだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る