2015.11.21

ロッベンにプレミア復帰の可能性…マンU指揮官が今冬の獲得に興味か

ロッベン
バイエルンでプレーするロッベン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルン所属のオランダ代表FWアリエン・ロッベンが、今冬の移籍市場でマンチェスター・Uに移籍する可能性が浮上している。イギリス紙『エクスプレス』や『ミラー』など複数メディアが19日付で報じた。

 同僚のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとの不仲説が囁かれ、バイエルンを退団する噂が取り沙汰されている31歳のロッベン。最近、出場機会が減っている同選手は現状に不満を持っており、かつてチェルシーの選手としてプレーしたプレミアリーグへの復帰に本人も興味を持っていると伝えられている。

 そして、今冬の移籍市場で前線の強化を狙っているマンチェスター・Uのルイ・ファン・ハール監督がロッベンの獲得に興味を示しているようだ。

 また、同監督はレアル・マドリード所属のウェールズ代表MFギャレス・ベイル、サウサンプトン所属のセネガル代表MFサディオ・マネ、同クラブ所属のイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ、バルセロナ所属のブラジル代表FWネイマールにも関心を持っているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る