2015.11.20

テロ発生時パリに滞在していたヴェンゲル監督「怖れよりショック」

ヴェンゲル
アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、13日にフランス・パリで同時多発テロが起こった際、現場の近くにいたことを明かした。イギリス紙『ガーディアン』や『インデペンデント』など複数メディアが19日付で報じている。

 爆撃と銃撃により、129人の死者と400人以上の負傷者を出した無差別テロが発生した時、フランス人のヴェンゲル監督はパリに滞在中で、事件現場の近くにいたようだ。当初ヴェンゲル監督は同日開催されたフランス代表とドイツ代表の親善試合をスタジアムで観戦する予定だったが、直前の用事が長引いたために予定を変更し、パリ市内のホテルでテレビ観戦していたという。

 今回のテロについて同監督は、「その時は怖かったというよりもむしろショックだった。どこに行っても安心することができない。先週の金曜にパリにいた人々はみなショックだっただろうね。フランスはイングランドのように寛大で寛容な国家だ。これでテロ事件が終結するとは思えず、これからの治安に不安を感じざるをえない」と振り返った。

 また、ヴェンゲル監督はテロ行為がイングランドやフランスのような多文化社会の寛容さを脅かす可能性を憂慮しながら、「日常を円滑に進めていくために、この状況にポジティブに対応していく必要がある。すべてを一気に解決することはできない。我々は日常を続けていくしかないんだ。どれか特定のコミュニティがテロのターゲットとなったというよりは、我々の生活自体が脅かされているように思える」とコメントしている。

 さらに、17日に行われたイングランド代表とフランス代表との親善試合でイングランドサポーター含む観客たちがフランス国歌を合唱したことについて、「連帯の意志を示す素晴らしい行為だった。そのような連帯を表現したイングランド国民とサッカー関係者に感謝したい。テロ事件は我々の国にとって大きな衝撃だったからね。このような事件が起きた場合、人々はサッカーの試合を続けるのか、生命を危険にさらすのか、と考えてしまうものだ。私は親善試合を行ったという判断は正しかったと思うよ」と語った。

 なお、テロの犠牲者に向けた哀悼の意を込めて、次節のプレミアリーグでは試合前にフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を合唱する予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る