2015.11.20

プレミアリーグでもフランス国歌を斉唱…フランス人選手が72名所属

ウェンブリー
親善試合の行われたウェンブリー・スタジアム [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

21日から23日にかけて行われるプレミアリーグ第13節で、試合前にフランス国歌が歌われるようだ。19日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 フランス・パリの同時多発テロを受け、17日のイングランド代表対フランス代表の親善試合では、イングランド代表サポーターによるフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』の大合唱が行われていた。同メディアによると、72人のフランス人選手が在籍するプレミアリーグでも、コイントスの後に選手と審判団がセンターサークル上で輪になって国歌を歌うという。

 また、21日にノリッジと対戦するチェルシーは、選手たちが喪章をつけることを発表。マッチプログラムでは、フランス代表DFクルト・ズマがフランス国旗を背景にして表紙を飾る。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る