2015.11.19

イブラ、来季プレミア挑戦を否定「イングランドに行くには遅すぎる」

PSGに所属するFWイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、プレミアリーグ移籍の可能性を否定した。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 オランダ、イタリア、スペイン、フランスで国内リーグタイトルを獲得してきたイブラヒモヴィッチ。今シーズン限りでPSGと契約満了になるが、「イングランドへ行くには遅すぎると思う。PSGで十分幸せだ。契約期間は残り6ヵ月あるんだから、そのあと何が起こるのか見てみようじゃないか」と話し、プレミア挑戦の時期はすでに逸しているとの考えを示した。

 現在の自分の状態については、「毎日ピッチ上で楽しめている。トップレベルでプレーできている限り、単純に楽しみたいし、自分の仕事をしたい」と話し、自身のパフォーマンスに満足感を感じていることを明かした。

 スウェーデン代表はデンマーク代表とのユーロ2016プレーオフを制し、本大会出場権を獲得。試合後、イブラヒモヴィッチは「もし、ユーロで代表を引退することになったとしたら、それも運命だ」と、同大会終了後に代表引退することを示唆した。一方で、「どこでキャリアを終えるかなんて分からないよ。見守っていてくれ」と、今後については分からないと言うに留めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る