2015.11.18

最下位のアストン・ヴィラ、2部QPRのイングランド代表FWを獲得か

オースティン
QPRでプレーするオースティン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アストン・ヴィラがイングランド2部のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)に所属するイングランド代表FWチャーリー・オースティンの獲得に近づいていると、16日付のイギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 現在プレミアリーグで最下位に沈んでいるアストン・ヴィラは、降格圏内脱出のためレミ・ガルド新監督がオースティンの獲得を要望したようだ。同クラブは今シーズン開幕前にベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケをリヴァプールへと放出。ガーナ代表FWジョルダン・アイェウ、ベナン代表FWリュディ・ジェストゥード、スペイン人FWアダマ・トラオレを獲得したものの、プレミアリーグで12試合を終え、わずか10ゴールとリーグで最も得点が少ない。

 オースティンは今シーズンのリーグ戦で9試合に出場し、8ゴールを挙げる好調なスタートを切ったものの、ハムストリングのケガにより10月の試合の多くを欠場。10月末に復帰を果たしたが、3試合ゴールからは遠ざかっている。QPRとの契約は今シーズン終了までで、比較的安価での獲得が可能なため、冬に“人気銘柄”となる可能性がある。なお、イングランド代表には、5月に初招集を受けたが、アイルランド戦とスロベニア戦で出番はなく、デビューは果たせていない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る