2015.11.14

相撲の精神に感銘を受けるヴェンゲル監督「日本文化は素晴らしい」

2013年に来日した際のヴェンゲル監督(右) [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 フランス紙『レキップ』が掲載した、アーセナルの指揮官・アーセン・ヴェンゲル監督のインタビューが話題になっている。

「ARSÈNE WENGER, L’HUMANISTE」と題されたこのインタビューで、ヴェンゲル監督はかなり長いインタビューに応えており、自身のフットボール観から監督キャリアについて、また名古屋グランパスでの指揮など様々な内容を語っている。その中に、日本人にとって気になるワードも含まれていた。

 このインタビューの中でヴェンゲル監督は、日本の伝統手的な武道でもある「相撲」について言及していたのだ。どうやらヴェンゲル監督には、相撲の中で気に入っている文化があるようだ。

「私が日本の相撲で好きなのは、取り組みが終わると敗者を傷つけないために勝者が絶対に喜ばないことだ。試合に敗れた時、私はひどく苦しんできた。様々な国々でいきすぎた振る舞いを見ていると、日本文化やイギリスの価値観は素晴らしいと感じる」

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る