FOLLOW US

クロップ監督が熱望…リヴァプール、ジェラードのレンタルを画策か

LAギャラクシーに所属するMFジェラード [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、昨シーズンまで同クラブに所属していた元イングランド代表MFステーヴン・ジェラードの復帰に向けて交渉中だと、イギリス紙『インディペンデント』が3日に報じた。

 ジェラードは、17年間トップチームでプレーしてきたリヴァプールを昨シーズン限りで退団。夏にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入し、今シーズンは公式戦14試合の出場で2ゴールを記録。チームはMLSレギュラーシーズンを5位で終えるが、シアトル・サウンダーズとのプレーオフに敗れたため、ポストシーズン進出を逃し、2015シーズン閉幕を迎えた。

 同紙によると、クロップ監督がリヴァプールに就任して以来、すでに数回ほどジェラードと電話で話し合いを行っている模様。現状では、LAギャラクシーのプレシーズンが始まる2016年1月15日まで、同選手をリヴァプールの練習に参加させるため交渉中だという。

 さらに、その期間で同選手を試合に出場させるため、レンタル移籍の可能性も探っている模様。しかし、レンタルに難色を示すLAギャラクシー側が移籍金を要求する可能性があるため、交渉は困難になる見込みだという。

 なお、同選手の復帰が実現すれば、リヴァプールでのプレーは昨シーズンの5月24日に行われたプレミアリーグ最終節のストーク戦以来となる。同試合でジェラードはキャプテンとしてフル出場し、1ゴールを奪うが、チームは1-6の大敗を喫していた。

 同選手は4日にイギリスへ帰国し、8日に行われるリーグ第12節でリヴァプールがクリスタル・パレスをホームに迎える一戦を観戦する予定。さらに来週にはクロップ監督と会談する模様だと伝えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO