FOLLOW US

プレミア最下位アストン・ヴィラの新監督が決定「難しいが楽しみ」

2014年までリヨンの指揮官を務めたガルド監督 [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラは2日、レミ・ガルド氏と監督就任に関して合意に達したとクラブ公式HPを通じて発表した。契約期間は2018-19シーズン終了時までとなっている。

 同クラブは10月25日付でティム・シャーウッド前監督を解任。プレミアリーグでは現在6連敗中で、10試合を終えて勝ち点「4」の最下位に沈んでいる。アシスタント・マネージャーのケヴィン・マクドナルド氏が指揮を執った10月28日のキャピタル・ワン・カップ4回戦サウサンプトン戦では、日本代表DF吉田麻也の得点などもあり、1-2の敗戦を喫した。

 現在49歳のガルド新監督は、2011年に現役生活を過ごしたリヨンの指揮官に就任すると、初年度にクープ・ドゥ・フランスを制覇。2013-14シーズン終了時には休息を取るため、同クラブを退任していた。

 発表に際し同監督は、「こんなにも著名なクラブで監督を務めることができるなんて、信じがたいほどの名誉なことだと感じている。我々は明らかに難しい課題に直面しているが、アストン・ヴィラを愛する皆さんとともに挑戦をすることを楽しみにしている」とコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO