2015.11.01

マンUのシュネデルラン、3戦連続スコアレスも「心配していない」

シュネデルラン
クリスタル・パレス戦に出場したマンUのシュネデルラン(左)[写真]=Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uは、10月31日に行われたプレミアリーグ第11節でクリスタル・パレスと対戦し、スコアレスドローで終わった。フル出場したフランス代表MFモルガン・シュネデルランは、同クラブにとって10年ぶりとなる3試合続けての無得点という事態にも、すぐに点が取れるようになると自信を示している。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 セルハースト・パークでのクリスタル・パレス戦後、シュネデルランはクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦から2試合ホームゲームが続くことを強く意識し、勝って再び良い流れに乗りたいと語った。

「もっと強さを発揮する必要がある試合だった。勝てなくて残念だよ。勝つために来たのにね。だから、次の試合には勝たないといけない」

「勝てなければフラストレーションも溜まる。チームには点を取れる選手がいるから、ゴールを決められるよ。僕は心配していない。チャンスも作れたからね。良い選択を取るのに時間がかかる場合もある。自分たちの力を信じ続ければ、結果はついてくる。無失点に抑えていれば問題はない。これから試合に勝てるようになると思うけれど、なるべく早く結果を残す必要がある」

 リーグ戦直近3試合で勝ち点5を記録したマンチェスター・Uは、4位をキープ。シュネデルランは、3-0で敗れたアーセナル戦から確実にポジティブな反応を見せられていると語った。

「全体的に見れば、エヴァートン戦では素晴らしいプレーができたし、マンチェスター・C戦でも良いプレーができた。勝とうとしたのは僕らの方だったから、勝つべき試合だったと思う。今日がドローだったけれど、勝ち点9を取れていたかもしれない」

 CSKAモスクワ戦でフランス代表FWアントニー・マルシャルがゴールを決めて以降スコアレスが続いているものの、シュネデルランは優勝争いに影響はないと見ている。また、現在のような状態は、どのチームにとっても普通にあり得ることという見方を示した。

「もちろん(優勝争いには絡んでいる)。まだシーズン序盤だし、11月以降は試合数も増えるからね。だから、11月に2位でも、3位でも、4位であっても関係ない。これから試合に勝って、来年の5月の終わりに1位になっていることが大事なわけだから。どのチームにだって、無得点の時期はある。アンラッキーなだけさ。僕らより上の位置にいるチームにだって起こる。試合に勝って、彼らを追い抜けるかどうかは、僕たち次第だよ」

 マンチェスター・Uは、3日にホームで行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でCSKAモスクと対戦。7日にリーグ戦第12節でウェスト・ブロムウィッチをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る