FOLLOW US

ヒディンク氏、チェルシーの後任監督に興味? 「トップクラスはいつも魅力的」

チェルシーの後任監督候補に挙げられているヒディンク氏 [写真]=VI Images via Getty Images

 プレミアリーグ開幕10試合を終えて勝ち点11の15位に沈む、前年度王者チェルシー。ジョゼ・モウリーニョ監督の進退問題が騒がれているが、後任候補の一人として名前の挙がっているフース・ヒディンク氏がオランダ紙『Voetbal International』内のインタビューで言及した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ブラジル・ワールドカップ後からオランダ代表を率いていたヒディンク氏だが、欧州選手権予選での不振から7月に退任。その後はフリーとなっている。チェルシーの監督職への興味を問われると、「トップクラスのフットボールはいつだって魅力的だ」と、第一線のチームを率いることへの関心は失っていない様子。

 現在はフリーだが、「最近、いくつかのオファーを受け取ったが、すぐに取り組みたいと思うオファーはなかった。どうなるか見てみようじゃないか。何が起きるか待ってみるよ」と、去就が騒がれる人物が用いるお決まりのコメントを残し、煙に巻いている。

 11月に69歳となるヒディンク氏は数々の代表やクラブの監督を歴任。ロシア代表監督時の2009年2月には成績不振でチェルシーの監督を解任されたルイス・フェリペ・スコラーリ氏の後任として代表と兼任でシーズン終了まで暫定的にチェルシーを指揮。FAカップ優勝、プレミアリーグ3位、チャンピオンズリーグ4位という成績を残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA