FOLLOW US

D・コスタの負傷に言及する指揮官「彼は自分で殴ったのだと思う」

ストーク戦で負傷したD・コスタ [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、27日に行われたキャピタル・ワン・カップ4回戦のストーク戦で負傷退場したスペイン代表FWジエゴ・コスタについて言及した。同日のイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 D・コスタは32分に肋骨を負傷し、ピッチを後にしていた。試合後の記者会見で同選手の状況を問われたモウリーニョ監督は、「彼は病院にいる。何もわからない」と答えたうえで、「彼は自分で殴ったのだと思う」と付け加えた。

 自身の進退が問われる31日のプレミアリーグ第11節、リヴァプール戦をD・コスタが欠場することになれば、指揮官にとっては大きな痛手となるだろう。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA