2015.10.25

岡崎途中出場のレスター、ヴァーディの7戦連続弾で上位対決に勝利

ヴァーディ(右)のゴールを喜ぶレスターの選手たち [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第10節が24日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとクリスタル・パレスが対戦した。

 レスターは第7節でアーセナルに敗れたものの、9試合を終えてわずかに1敗と好調を維持し、現在5位につけている。対するクリスタル・パレスも5勝4敗で、レスターと勝ち点差1の6位と健闘。上位にとどまるためにも互いに負けられない一戦となる。前節まで5戦連続でスタメン出場していた岡崎は6試合ぶりのベンチスタートとなった。

 最初のチャンスはレスター。8分、マーク・オルブライトンがゴール正面から左足でミドルを狙うと、グラウンダーのシュートが左ポストを直撃。こぼれたところにリヤド・マフレズが詰めたが、エリア内右から放ったシュートは枠を捉えることができなかった。

 序盤に決定機を作ったレスターは主導権を握ったが、クロスボールやラストパスの精度を欠き、なかなかチャンスを作れない時間が続く。一方のクリスタル・パレスもカウンターから好機を伺うシーンが見られたが決定機を迎えることはなく、試合は0-0のまま前半を折り返す。

 レスターは57分、右サイドからのFKがこぼれたボールを拾ったジェフ・シュルップが思い切ってミドルシュートを狙ったが、わずかに枠の右に外れた。すると59分、レスターがワンチャンスをものにする。高い位置で相手のミスからボールを奪ったマフレズが素早く前線にスルーパスを送る。このパスに抜けだしたジェイミー・ヴァーディが巧みにボールを浮かして飛び出したGKをかわすと、無人のゴールにシュートを叩き込み、リーグ戦7試合連続ゴールを決めた。先制に成功したレスターは63分、オルブライトンに代えて岡崎を投入する。

 74分にもレスターにチャンス。ピッチ中央からシュルップがドリブルで持ち運ぶと、前線で岡崎が右に流れたことで左のヴァーディがフリーの状態に。シュルップからパスを受けたヴァーディはエリア手前左から右足でミドルシュートを狙ったが、これは大きく枠の上に外れてしまった。対するクリスタル・パレスも78分、右からのCKにパトリック・バンフォードが頭で合わせてゴールを脅かすと、こぼれ球をつないで今度は左サイドからクロスが入る。このボールに再びバンフォードが合わせたが、GKの頭上を超えて枠内に飛んだシュートは、カバーに入っていたDFにクリアされた。

 クリスタル・パレスは87分、ウィルフレッド・ザハがエリア内右にドリブルで侵入すると、DF2人に挟まれる形で倒される。ところが主審はファールではなくザハのシミュレーションと判断しイエローカードを提示。PKが与えられることはなかった。結局試合はこのままタイムアップを迎え、ヴァーディの1点を守り切ったレスターが今シーズン初の完封勝利で上位対決を制した。なお、岡崎は63分から試合終了までプレーした。

 次節、レスターは30日に敵地でウェスト・ブロムウィッチと、クリスタル・パレスは同日にホームでマンチェスター・Uと対戦する。

【スコア】
レスター 1-0 クリスタル・パレス

【得点者】
1-0 59分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る