2015.10.24

モウリーニョ監督、少年との問題を報じたメディアを批難「愚かだ」

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督がメディアへの不満を口にした。23日、イギリス紙『ガーディアン』が伝えている。

 イギリス紙『インデペンデント』や『サン』など複数メディアは21日に、モウリーニョ監督が歩道で14歳の少年を押し飛ばしたと報じていた。報道によると14歳のオットー・ナーマチャ君がロンドン市内でモウリーニョ監督を偶然発見。熱狂的なチェルシーファンのオットー君が携帯でモウリーニョ監督の動画を撮ろうとすると、同監督は撮影に気づき、少年を押し飛ばした。また、この様子を撮影した動画がネット上に投稿されており、オットー君はモウリーニョ監督に対して怒りを表現していた。

 24日に行われるプレミアリーグ第10節、ウェストハム戦の前日会見に臨んだモウリーニョ監督は、「君たちはもう、私から面白い見出しを得ることはないだろう」とコメント。

 そして、「これからは君たちの上司が私を扱うのと同じように対応する。ノーリスペクトだ。敬意を払わないということだよ。私が話しているのはサッカーのことではない。プライベートなことについてだ。サッカーについてなら、どんな批判でも受け入れる。しかしプライベートにスポットライトをあてるのは愚かだ」と、サッカー以外のことで大きな報道を行うことを批難。今後はメディアに敬意を払わないとの姿勢を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る