FOLLOW US

回復遅れるトッテナムFWソン・フンミン、さらに約2週間の離脱へ

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンは、9月に負ったけがの回復が遅れ、さらに最大2週間の離脱を強いられると、イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に報じた。

 ソンは、9月26日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・C戦(4-1で勝利)で負傷。クラブ公式サイトは30日に同選手が足にけがを負ったと発表していた。そのため、1日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第2節のモナコ戦、リーグ第8節のスウォンジー戦を欠場。チームも両試合とも引き分けで終わっていた。

 チームを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「ソン・フンミンはまだ離脱中だ。数週間前と同じだね。ソンは足を負傷しているが大丈夫だろう。1〜2週間で復帰できると思う。チーム練習再開も近いだろうね」と明言。17日に行われるリーグ第9節、ユルゲン・クロップ新監督率いるリヴァプールとの大一番も欠場が決まった。

 また、イングランド代表MFライアン・メイソンとアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブも負傷で同試合の欠場が決定的。ポチェッティーノ監督は、「メイソンとナビルの復帰は、ソンより近い。次戦(ELアンデルレヒト戦)か、その次のボーンマス戦には出場可能だろうね」とコメントした。 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO