FOLLOW US

ファン・ハール監督、同胞DFの獲得を熱望…構想外のロホは放出か

ブラジル・ワールドカップでのファン・ハール監督とインディ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督がポルトに所属するオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディの獲得を望んでいることが明らかになった。イギリス紙『デイリー・ミラー』が伝えている。

 同紙によると、ファン・ハール監督はオランダ代表監督時代の教え子であるマルティンス・インディの獲得を熱望している模様。すでに1月の獲得へ向けて関係者をポルト側に派遣したようだ。

 マルティンス・インディは2012年8月、ファン・ハール監督の下でオランダ代表デビューを飾った。ブラジル・ワールドカップのメンバーにも選出され、6試合に出場して同国初の3位入賞に貢献。同大会終了後の2014年7月にフェイエノールトからポルトに4年契約で移籍した。

 一方、マンチェスター・Uに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホは放出される見込みである。同選手はオフシーズンにチームへの合流が遅れたことでファン・ハール監督との関係が悪化。今シーズン、プレミアリーグでわずか1試合の出場にとどまっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO