2015.10.11

クロップ新監督就任のリヴァプール、補強第1号はガーナ代表FWか

A・アイェウ
8月15日のニューカッスル戦でプレーするA・アイェウ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールが冬の移籍市場で、スウォンジーに所属するガーナ代表FWアンドレ・アイェウの獲得を目指していることが明らかになった。10日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 リヴァプールは4日、成績不振のためブレンダン・ロジャーズ監督を解任。8日に後任としてユルゲン・クロップ氏の就任を発表した。クロップ氏はドルトムントの監督時代にA・アイェウの獲得を2回画策しており、今回も関心を示したようだ。

 現在25歳のA・アイェウはマルセイユの下部組織出身で、今夏マルセイユからスウォンジーに4年契約で移籍した。ここまでプレミアリーグで全8試合に出場し4得点を記録している。フランスの世代別代表としてプレー経験があるが、フル代表ではガーナ代表を選択。ブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれるなど同国代表として66試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る