2015.10.06

チェルシーが公式声明…解任覚悟の監督を「引き続き全力で支える」

モウリーニョ
サウサンプトン戦に臨んだモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 5日、チェルシーはクラブ公式HPを通じ、チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督に関する公式声明を発表した。

 3日に行われたプレミアリーグ第8節で日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンと対戦し、1-3の敗戦を喫したチェルシー。試合後、モウリーニョ監督はイギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、「クラブが私を解任したいのであれば、そうするべきだ。私は逃げ出したりしない」と、覚悟のコメントをしていた。

 チェルシーは現在、リーグ戦では2勝2分け4敗で勝ち点8の16位に沈んでいる。しかし、クラブ側は「我々は、ジョゼ・モウリーニョ監督を引き続き全力で支えることを明らかにしておきたい。ジョゼは結果が不十分であると口にし、選手のパフォーマンス向上が必須であると語っていたが、彼こそが今季のチームを良い方向に導くことのできる指揮官だと信じている。また、そのためのメンバーも揃っている」と、今後も同監督を支持すると主張。選手たちへの信頼も明らかにしている。

 次節、チェルシーは17日にホームでアストン・ヴィラと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る