FOLLOW US

仏代表監督、19歳FWマルシャルの将来を危惧「難しい時期がくる」

プレミアリーグデビュー戦で得点を決めたマルシャル [写真]=Getty Images

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、マンチェスター・Uで活躍を見せる同国代表FWアントニー・マルシャルについてコメントした。2日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 マルシャルは今夏、10代の選手としては歴代最高額の移籍金となる3600万ポンド(約67億円)でモナコからマンチェスター・Uに移籍。プレミアリーグデビュー戦で得点を挙げて鮮烈デビューを飾ると、ここまで公式戦6試合に出場し4ゴールを決めている。

 デシャン監督は「彼には大きな可能性がある。モナコでやっていたことをマンチェスター・Uでもやっており、その質の高さは確かである。そのことに驚いた人も多いだろう」とマルシャルのプレーを評価した。また、「彼はまだ若い。必ずもっと難しい時期がやってくるだろう」と現在19歳である同選手の将来を危惧した上で、「彼は全ての物事を良い方向へ持っていく能力がある選手だ。素晴らしい選手が周りにいるからね」と期待を込めた。

 同選手は1日に発表されたフランス代表メンバーにも選出され、国際親善試合のアルメニア代表戦およびデンマーク代表戦に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO