2015.09.22

マンUがC・ロナ復帰を画策、130億円超のオファーか…PSGも対抗へ

C・ロナウド
マンチェスター・UでプレーしていたC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが来夏の移籍市場で、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を目指していることが明らかになった。21日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』など各紙が報じている。

 現在30歳のC・ロナウドは2003年から2009年までマンチェスター・Uでプレーし、プレミアリーグ196試合に出場、84得点を記録していた。同選手は昨年もマンチェスター・Uへの復帰を噂されていたが、話が持ち上がる度に否定され続けてきた。2014年10月にマンチェスター・Uのサポーターから復帰を要請された際には「彼らが今でも僕を愛してくれていることには感動した」とコメントしつつ、「レアル・マドリードで幸せ」と残留を決めていた。

 レアル・マドリードもエースの引き抜きに対しては簡単に応じるつもりはなく、史上最高額の9000万ポンド(約168億2000万円)を要求するとも報じられている。

 しかし、マンチェスター・Uは元・エースの再獲得を諦めるつもりはなく、要求額こそ満たさないが、7000万ポンド(約130億8000万円)という30歳の選手に対しては破格の移籍金で3度目のオファーを提示するという。選手に対しても1500万ポンド(約28億円)という年俸を用意していて、是が非でもC・ロナウドをマンチェスターへ連れ戻そうとしているようだ。

 一方、同じくC・ロナウドの獲得を目指すパリ・サンジェルマンは、今夏の移籍市場最終日に史上最高額となる1億1000万ポンド(約200億円)のオファーを出したと報じられていた。今後も引き続き同選手の引き抜きを狙っていて、レアル・マドリードの要求を満たすことができるとされる。

 来夏もマンチェスター・Uとパリ・サンジェルマンによるC・ロナウドの争奪戦が繰り広げられそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る