FOLLOW US

FAの判断は“喧嘩両成敗”…アーセナルとチェルシーをともに処分へ

処分を受けるガブリエウ(左)とD・コスタ(右)[写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第6節が19日に開催され、アーセナルチェルシーによる“ビッグロンドン・ ダービー”が行われた。FA(イングランドサッカー協会)は21日、同試合で問題を起こした両クラブを罰することを発表している。

 大きな問題となっているのは43分のシーン。ボールのないところでチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタアーセナルのフランス代表DFローラン・コシェルニーの顔を手で押すと、アーセナルのブラジル代表DFガブリエウがこれに激怒し、D・コスタと口論に発展する。

 主審を務めたマイク・ディーン氏はD・コスタのプレーを確認することができず、小競り合いを起こした両選手へイエローカードを提示し、一度はその場を治めた。一方ガブリエウの怒りはこれで収まらず、直後にかかとでD・コスタを蹴ってしまい、退場処分を受けることとなった。

 FAはこのプレーに関し、「カメラが捉えたD・コスタの暴力行為に対し、処罰を与える」と、声明を発表。22日の午後6時まで異議申し立てを受け付けると伝えた。

 また、退場処分を受けた際の態度が問題だったとし、ガブリエウも処分されることが決定した。一方、79分に2枚目のイエローカードを提示されてピッチを後にしたスペイン代表MFサンティ・カソルラについては、警告が与えられるという。

 そして同協会は、選手たちを管理しきれなかった両クラブにも罰則があると発表している。チェルシーアーセナルガブリエウは24日までに不服を伝えることを許可された模様。

 なお、試合は2-0でチェルシーの勝利に終わっている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA