FOLLOW US

プレミア最速は岡崎の相棒ヴァーディ…好調レスターがトップ3を独占

岡崎慎司(上)が所属するレスターのイングランド代表FWヴァーディ(下) [写真]=Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、今シーズンのプレミアリーグで最も速くダッシュした選手だとトラッキングデータに記録された。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日付で報じている。

 同リーグのスピードスターとしてはアーセナル所属のイングランド代表FWセオ・ウォルコットやエヴァートン所属の同代表MFアーロン・レノンが有名。しかし、選手のトラッキングデータを利用した計測によると、プレミアリーグで最も速い選手は岡崎の相棒であるヴァーディだったことが判明した。

 ヴァーディは今シーズンのウェストハム戦で時速35.44キロの記録をたたき出しており、これはプレミアで最速で走った記録だという。さらに、2位はレスター所属のガーナ代表FWジェフ・シュルップ(時速35.26キロ)、3位は同クラブ所属のイングランド人MFマーク・オルブライトン(時速35キロ)であり、上位3人を今シーズンのプレミアリーグで快進撃を続けているレスターの選手が独占した。なお、ウォルコットは34.58キロが自身最高記録で15位にランクインしている。

 このトラッキングデータはピッチ上の動きを1秒間に25回計測することによって各選手のスピードをデータ化しており、正確なスピードを計測するのに適しているとされているという。

▼プレミアリーグのスピード記録トップ10
1位:時速35.44キロ ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
2位:時速35.26キロ ジェフ・シュルップ(レスター)
3位:時速35.00キロ マーク・オルブライトン(レスター) 
4位:時速34.97キロ マメ・ビラム・ディウフ(ストーク)
5位:時速34.95キロ ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
6位:時速34.89キロ カール・ジェンキンソン(ウェストハム)
7位:時速34.80キロ カール・ジェンキンソン(ウェストハム)
8位:時速34.76キロ ウェズ・モーガン(レスター)
9位:時速34.74キロ セドリック・ソアレス(サウサンプトン)
10位:時速34.71キロ マメ・ビラム・ディウフ(ストーク)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA